新宿、新宿御苑前、新宿三丁目、西新宿から徒歩圏内。体幹トレーニング/ダイエットなら〈タイカンズ〉
新宿、新宿御苑前、新宿三丁目、西新宿から徒歩圏内。体幹トレーニング/ダイエットなら〈タイカンズ〉
MENU
週刊タイカンズNEWS
8/31までのチャンス 3回無料体験実施中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊タイカンズレポート【Vol.64】

トレーニング効果はやめてしまうと
2週間以上で低下が見られる!

筋力アップや持久力アップは継続して行っていきましょう!

こんにちは。トレーナーの中川です。運動やトレーニングを継続していると筋力アップや持久力アップの効果も出てきます。効果が出てきても、今後、運動やトレーニングはずーっと続けなければいけないんですか?という質問をもらいます。答えは、「ずーっと続ければいけないんです」と言います。(ただし、スポーツクラブやトレーニングジムで運動をすることだけが運動ではありません)
トレーニングの効果は貯めておけないようです。継続的なトレーニングによってついた持久力も筋力もやめてしまうといずれは低下してしまいます。

全身持久力は変化が早く2週間すると明らかな能力の低下が見られる。

全身持久力は単位時間あたりに組織が酸素を取り込む量の最大値である最大酸素摂取量が主にもちいられます。持久的トレーニングを長期間継続して行っているスポーツ選手でもトレーニングを短期間中断することで最大酸素摂取量の低下がみまれます。 短期間で能力が低下する要因には血液量の減少や酵素活性の低下など比較的早く起こる変化のためであると考えられています。運動不足になってスタミナが落ちて息が上がるのはそのためです。

筋力は変化がゆっくりで2週間程度であれば維持するがそれ以上経過すると落ちる。

筋力は筋力トレーニングによって向上した筋力もトレーニングを中断することで低下します。しかし、筋は全身持久力と比べれば長期間維持されるようです。筋力トレーニングを長期間継続している人を対象にした研究において2週間以内の中断では最大筋力は低下しないという報告があります。筋力トレーニングは1-2週間程度ならトレーニングできない期間があっても筋力の低下を心配する必要はなさそうです。それ以上中断すると低下していきます。

持久力も筋力も長期間維持されることはないので、スポーツのためのオフシーズンだけのトレーニングや、夏前だけに行うような期間を限定して行う方法は持久力の向上や筋力向上のためには効果的では無いようです。
運動やトレーニングは継続できるように計画して行いましょう。
※出展:「スポーツ科学の教科書」:谷本道哉 編著 石井直方 監修 岩波ジュニア新書

体幹トレーニングにご興味がある方や
体造りへの疑問・質問がある方は
是非一度、新宿御苑にある体幹トレーニングフィールド
「タイカンズ」にお気軽に起こしください。

TEL:03-3352-2811 Mail:こちらをクリック

ページトップへ戻る