新宿、新宿御苑前、新宿三丁目、西新宿から徒歩圏内。体幹トレーニング/ダイエットなら〈タイカンズ〉
新宿、新宿御苑前、新宿三丁目、西新宿から徒歩圏内。体幹トレーニング/ダイエットなら〈タイカンズ〉
MENU
週刊タイカンズNEWS
8/31までのチャンス 3回無料体験実施中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > 週刊タイカンズレポート一覧 > 筋トレ/体幹トレーニング > スポーツ > 夏のスポーツ > 【Vol.47】夏のランニング対策

週刊タイカンズレポート【Vol.47】

夏のランニング対策

みなさんこんにちは、体幹トレーニングフィールド「TAIKANZ(タイカンズ)」トレーナーの中川です。
もうすぐ7月も終わり、夏真っ盛りになって来ました。東京では先週、35度を超えて猛暑日を観測したそうです。
ただ、こんな季節でもランニングを日課にしている方は元気に走りたいですよね。
今回はそんな夏のランニング対策とメリットについてお話し致します。

夏に走るなら早朝か夕方遅目がベスト!

早朝は日も出ていているので明るく、それほど日の高さも無いので気温も若干下がっています。また、紫外線の量も少ないので疲れにくく走れます。
夕方は6時ぐらいだと暑さが残っているので、少し遅目の8時ぐらいがベストだと思います。ただ、遅い時間に走ってしまうと、走り終わった後の興奮状態が睡眠時間まで続いてしまうので、眠れなくなったり、眠りが浅くなってしまうので気おつけましょう。
ランニングコースも出来る限り、アスファルトからの照り返しや、高い建物が密集した風通しの悪い場所は避けて走りましょう。地面が土や芝生だと足への負担もだいぶ軽減できます。

熱中症に注意!

 熱痙攣:手足に強い痙攣を発症。

    原因:汗を大量にかくとき、汗に含まれる塩分量が増えるため、体内の塩分が不足してしまうからです。

 脱水症状:頭痛、めまい、疲労、精神不安定。

    原因:体内の水分減少が4%以上を超えると起きやすくなります。

 熱疲労:脱力、倦怠感、疲労感、吐き気、嘔吐、口渇、目眩、頭痛、立ちくらみなど。

    原因:脱水症状と一緒に発症し、熱を放散できず、熱を体内に溜め込むため起こります。

 熱射病:熱射病は、熱中症の中で一番重いとされる熱障害で、熱疲労がさらに悪化した状態です。

    原因:発汗よりも自分の身体の熱が上がっていくスピードの方が速く、汗を出すことによって体温を降下させることが出来ず、体熱の放散が行えません。体温は上昇し続けると、生命に危険を及ぼす域にまで達します。


夏のランニングは、熱中症にならないように注意して走りましょう!
タイカンズでは、トレーナーが付いて安全に楽しく走る「タイカンズ ランニング」を定期的に実施しています。
もしご興味がある方はタイカンズまでご連絡ください。

体幹トレーニングにご興味がある方や
体造りへの疑問・質問がある方は
是非一度、新宿御苑にある体幹トレーニングフィールド
「タイカンズ」にお気軽に起こしください。

TEL:03-3352-2811 Mail:こちらをクリック

ページトップへ戻る