新宿、新宿御苑前、新宿三丁目、西新宿から徒歩圏内。体幹トレーニング/ダイエットなら〈タイカンズ〉
新宿、新宿御苑前、新宿三丁目、西新宿から徒歩圏内。体幹トレーニング/ダイエットなら〈タイカンズ〉
MENU
週刊タイカンズNEWS
8/31までのチャンス 3回無料体験実施中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > 週刊タイカンズレポート一覧 > ダイエット > 方法 > 停滞期 > 【Vol.8】誰にでも訪れる“ダイエット停滞期”

週刊タイカンズレポート【Vol.8】

誰にでも訪れる
“ダイエット停滞期”

みなさんこんにちは、体幹トレーニングフィールド「TAIKANZ(タイカンズ)」トレーナーの中川です。
このあいだ八百屋さんの前を通りかかったら、桃やスイカの代わりに梨やブドウがずらりと並んでいました。もうすっかり秋ですね。
さてさて、夏にはじめたダイエット、「なんだか最近体重の減り方が遅くなってきた気がする・・・」「逆に増えたかも・・・」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今日は「ダイエット停滞期」についてお話ししたいと思います。

実は停滞期ではないのかも?最初にやるべきは「体脂肪率チェック」

後述しますが、ダイエット停滞期は、ほとんどの人にやってくるものです。しかし、実際には停滞期ではないのに体重が減らない、といったことがあります。体重の減り方が遅くなるだけならまだしも、逆に増えてしまう場合もあります。ぞっとしますね。その原因としてまず疑うべきは、筋肉がついているのでは?ということです。なぜなら脂肪よりも筋肉の方が重いから。トレーニングで体脂肪は減らせていても、体重は落ちないのです。
これを確かめるには、体脂肪率を図ればOKです。単純にトレーニング不足で脂肪が増えだした(リバウンド)かもしれませんし、トレーニング負荷が想定よりも大きくて筋肉量が必要以上に増えているのかもしれません。ダイエット停滞期かな?と思ったら、まずは体脂肪率の変化をチェックしてください。

<女性の体脂肪率目安>
  • (やせてる)19.9%以下  (適正)20 〜 24.9%  (やや肥満)25 〜 29.9%  (肥満)30%以上
<男性の体脂肪率目安>
  • (やせてる)14.9%以下  (適正)15 〜 19.9%  (やや肥満)20 〜 24.9%  (肥満)25%以上

いよいよ「ダイエット停滞期」となったら、体幹トレーニング!

体脂肪率に変化がないとなったら、それはダイエット停滞期かもしれません。そもそもダイエット停滞期は、生物としてはごく自然な現象で、誰にでも起こり得るもの。食べる量が減ったときに、食事からのエネルギー吸収効率が高まり、エネルギー消費量も低く抑えて消費しないようにする、いわば身体にそなえついた生存本能による作用なのです。
この省エネ状態になった身体を絞ることは容易ではありません。たいていのダイエッターがここで挫折を経験するのではないでしょうか。しかしご安心ください。この高い高いハードルを越えるために、体幹トレーニングは非常に有用です。
そもそも体幹を鍛えるという発想自体が、脂肪の燃焼効率を上げて代謝を高めるために行うことですから、まさに脂肪を燃焼しづらくなった状態を乗り越えるためにこそある、ダイエット停滞期のためのトレーニングと言っても過言ではありません。筋肉への負荷をかけすぎるウェイトトレーニングなどは、最初に述べたような筋肉量増加につながってしまう可能性があり、ダイエットという目的のためには避けたほうが無難でしょう。
体感トレーニングは、身体全体の軸を安定させること、基礎体力がつくことにもつながるので、「体が疲れにくくなる」「内臓の働きが良くなる」「姿勢が良くなる」「肩こりや腰痛が緩和される」「アンチエイジング効果」などの効果も同時に期待できます。
姿勢がよくなることは、ただ体重が落ちること以上に、見た目の美しさに磨きをかけてくれるはずです。タイカンズでは、あなたの目的に応じたアドバイスも行っております。ぜひ体幹トレーニングの詳しい情報をご覧ください。

体幹トレーニングにご興味がある方や
体造りへの疑問・質問がある方は
是非一度、新宿御苑にある体幹トレーニングフィールド
「タイカンズ」にお気軽に起こしください。

TEL:03-3352-2811 Mail:こちらをクリック

ページトップへ戻る