新宿、新宿御苑前、新宿三丁目、西新宿から徒歩圏内。体幹トレーニング/ダイエットなら〈タイカンズ〉
新宿、新宿御苑前、新宿三丁目、西新宿から徒歩圏内。体幹トレーニング/ダイエットなら〈タイカンズ〉
MENU
週刊タイカンズNEWS
8/31までのチャンス 3回無料体験実施中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > 週刊タイカンズレポート一覧 > ダイエット > 方法 > 体温と基礎代謝の関係 > 【Vol.70】体温が1℃下がると体重が年間7kg増える!?

週刊タイカンズレポート【Vol.70】

体温が1℃下がると
体重が年間7kg増える!?

みなさんこんにちは、体幹トレーニングフィールド「TAIKANZ(タイカンズ)」トレーナーの中川です。今回は体温と基礎代謝の関係についてお話します。
喫煙、ストレス、運動不足などによって血管は委縮し、血流を悪くする原因となります。こういったものを数値として見るものの1つに体温があります。体温は様々な要因により上下し、女性であれば 生理周期によっても上下します。血液の流れが悪くなるにつれて、平常時の体温も低下していきま す。血流の悪化が、体温低下の一つの目安となります。体が冷え症になるということは、末梢血管の 流れが悪くなることを意味するのです。体温が1℃下がると基礎代謝が12%下がると言われています。 5年から10年といった比較的短い期間に0.5℃~1℃もの体温が下がる方が増えています。 1℃につき基礎代謝12%ともいえども、これが毎日になると凄い量となります。
例えば基礎代謝1200kcalの方が体温1℃下がったとしたら、1日あたり144kcalの消費カロリー がマイナスになります。これを1年に換算してみると、なんと7.3kgの体脂肪に相当します。 体温1℃の重みは年間7kg以上の体重に匹敵すると考えて、体温を下げないような体質作りが必要なのです。特に女性が身体を冷やすということは、体脂肪蓄積だけでなく婦人科系の疾病にも深く関与します。

体温が1℃下がると体重が年間7kg増える

    (1)基礎代謝1200kcalの方が体温1℃低下した場合(1200kcal×12%=144kcal)
    (2)体温が1℃低下したことにより1年で余剰となる熱量(144kcal×365日=52560kcal)
    (3)体温が1℃低下したことで1年で余分に蓄積される体脂肪(52560kcal÷7200kcal= な、なんと7.3kg!)
    ※効果には個人差があります。

体幹トレーニングにご興味がある方や
体造りへの疑問・質問がある方は
是非一度、新宿御苑にある体幹トレーニングフィールド
「タイカンズ」にお気軽に起こしください。

TEL:03-3352-2811 Mail:こちらをクリック

ページトップへ戻る