新宿、新宿御苑前、新宿三丁目、西新宿から徒歩圏内【完全個室】パーソナルプライベートゴルフレッスンフィールド/飛距離アップなら〈タイカンズゴルフ〉
MENU
TOP > タイカンズ ゴルフ レポートVol.7【ダウンスイングにおける下半身の動き】

【ダウンスイングにおける下半身の動き】


スイングにおける下半身の動きは、直線イメージでとらえるとうまく打つことができます。下半身を回転させてしまうと、右ヒザが突っ込むなど欧米では「スピンアウト」と呼ばれる、体が開く動きが生じてしまうからです。
実際問題として、多くのアマチュアはダウンスイングで右脚を内旋させますが、これでは腰が引けてしまい、振り遅れなど多くのエラーを招きます。スピンアウトにならないためには、ダウンスイングで右脚は外旋しなければならないのです。そうすることで右脚が伸びた、いわゆる「ベタ足」と呼ばれるプロのようなインパクトを迎えることができます。
ダウンスイングで下半身を右に回転させると動きが直線的なイメージになりますので、ぜひトライしてみてください。

ページトップへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加