新宿、新宿御苑前、新宿三丁目、西新宿から徒歩圏内【完全個室】パーソナルプライベートゴルフレッスンフィールド/飛距離アップなら〈タイカンズゴルフ〉
MENU
TOP > タイカンズ ゴルフ レポートVol.3【テークバックの正しい動作】

【テークバックの正しい動作】


アマチュアゴルファーはヒジが外を向いた状態でアドレスしている場合が多いのですが、これだとスイング中に発生するクラブのねじれやしなりの力に負けてしまい、強くボールを叩くことができません。
ですから両ヒジを内側に絞るようにして、力こぶが上を向くようにした状態を作ってから構えましょう。そうすると左脇が締まる感覚があるはずです。そこからまっすぐテークバックすると左ヒジは下を向いた状態が保たれます。クルマのハンドルを左に切るような動きですが、これがテークバックの正しい動作。クラブヘッドが直線的に上がるので、ダウンスイング以降もターゲットに対してまっすぐエネルギーを出すことができます。

ページトップへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加